ガラス割れ、ヒビ入りをそのまま使うリスクについて

0120-815-041

ガラス割れ、ヒビ入りをそのまま使うリスクについて

『スマート な ドクターのお店』スマートドクタープロ♪

『スマトドちゃん』でお馴染みのスマートドクタープロ長野茅野店です♪

スマートドクタープロのスマトドちゃんです。

スマートドクタープロのスマトドちゃんです。

iPhoneの修理をやっていると、色々な壊れ方を見る訳ですが、意外に『壊れたまま使い続けていた方』が多い事に気付きます。

【液晶ガラス割れ】

・ずっと前に割れたけれど、保護フィルムを貼っていたので指で操作出来たし、使えていたのでそのまま使っていたが、操作も出来なくなったので修理に来た。

【バックパネル割れ】

・カメラに黒い点の影が映るから修理して欲しいけれど、バックパネル割れはケースを付けて使っているから修理しなくて良い。

、、、等々です。

 

バックパネル割れのまま使っていてカメラに影が映るケースはカメラ交換での修理となるのですが

そもそも、カメラに影が映る

カメラユニット内に微細な遺物が入り込んでその影が映っている可能性が大

バックパネル割れのまま使っていると、バックパネルの微細な破片が

再びカメラユニット内に侵入する事で再発する可能性がある。

というお話をさせて貰う訳です。

修理に来店頂いた方とはそんなお話が出来るのですが、意外に潜在的にそんな方は大勢いらっしゃるのではないか?!と思えて今日のブログの題材にさせて頂く次第です。

微細破片がカメラ不具合原因となる可能性はツカミで話した通りですが、今回の本題には「修理不可能な故障リスク」について書きます。

修理不可能な故障リスク

まず、画像を見てください。 iPhone4Sの バックパネルを開け、バッテリーを取り外した画像です。

 

4Sのメインボード

赤枠で囲んである部分がiPhone4Sのメインボードです。

青枠で囲んだ部分をもっと拡大した画像が次のものです。

4Sメイン基板 SMD Parts

黄色い矢印の上に4つ、ゴマの様な物が並んでいますが、このどれもがiPhone4Sを動作させるのに必要不可欠な電子部品です。

男子であれば、中学3年の技術・家庭科の時間にラジオを作った事があるでしょう。あの時使った抵抗やコンデンサ、ダイオードなのですが、小型機器の場合はその当時の様な大きな電子部品では無く、画像にある様なSMD部品(表面実装部品)が使われています。

半田には「半田強度」という物がありますが、部品が基板に半田付けされてくっついている強さは「半田強度 x 面積」になります。つまり 部品が小さい程、横方向や斜め上方向から力を加えると「部品がモゲてしまう」危険が高いです。

まだ、部品だけがモゲるならば良い方でしょう。たいていは「メインボード表面の配線が剥がれる、千切れる」という結果になります。(半田よりも メインボードの表面配線の方が弱い)

こうなると、もうメインボードは修理不可能なんです。メインボードが修理不可能という事は、「そのiPhoneは、もう修理不可能」である事を意味します。

※ネット上にメインボードの修理を中国に送り返して行う業者をいくつか見ましたが、非常に高額です、、、その金額以下で 状態の良い中古iPhoneが余裕で買えてしまいます、、、

それじゃぁ、どんな時に 部品がモゲたり、メインボードの配線が剥がれて千切れたりするのでしょうか。

  • 自己分解による自己修理チャレンジ。
  • PSEバッテリーでは無いバッテリー修理を行って iPhoneの中でバッテリーが膨らんで裏蓋が浮いたり液晶ガラスが割れる程になった場合。
  • 液晶ガラスや背面ガラスが割れたまま使っていて、内部に落ちた破片が部品を押した場合。

自己分解による自己修理チャレンジ

自己分解は言うまでも無いハイリスクな事です。部品が取れなくても、帯電した手で触れただけで「パチッ」っと言う事が無くても簡単にメインボードは昇天する可能性がありますし止めておきましょう。

PSEバッテリーでは無いバッテリー修理を行って iPhoneの中でバッテリーが膨らんで裏蓋が浮いたり液晶ガラスが割れる程になった場合

PSEバッテリーでは無いバッテリーによる修理は、それそのものがその業者の違法行為でもありますし、ユーザーさんにも危険が伴う事なので、別の意味でも要注意ですね。

過去にバッテリー交換修理をどこかでされた方も、電話をかけて修理対応をしたお店に「交換してもらったバッテリはPSE認証取得済みの物ですか?!」と 問い合わせしておくのが良いでしょう。

スマートドクタープログループは PSE認証取得済みバッテリーにて交換修理させて頂いておりますので、過去に対応したのがスマートドクタープログループであれば御安心ください!

液晶ガラスや背面ガラスが割れたまま使っていて、内部に落ちた破片が部品を押した場合

さぁ、今回のブログで言いたかったのはここです!!割れたiPhoneが 「修理不可能な故障に発展する」危険があると言う事なんです。

細かい破片が中で部品を押せばメインボードは前述の通りに壊れる危険性が高い訳です。

念を押す為に、もう一枚 画像を載せておきます。

SMD Partsとシャーペンの芯

まるで鉄棒の様に思えますが、シャープペンシル 0.5の芯とメインボード上の部品です。

(これは撮影の為に行いましたが、真似しないでください。シャープペンシルの芯が基板に付着したり、シャーペンで基板上をなぞったりすると 動作が変になったり、最悪は壊れます。シャープペンシルで書いた線も「抵抗値を持った配線」として成立するので シャーペンでなぞる事は「iPhone メインボードの(でたらめな)回路変更」をするのと同じです。絶対に真似しないでください)

こんな微細な部品な訳ですからガラスの欠片が中に入るだけで危険な訳です。

壊れたら出来るだけ早くスマートドクタープログループ各店にご相談ください。

もちろん、茅野店もサクっと分解してサクっと修理させて頂きます♪

★今回は『iPhoneが突然死に至る可能性が高まるリスク』を書きましたが、この他に

割れフォンユーザさんの御家族、親戚、職場、マイカーにガラス微粉の汚染が拡散するリスクについて書いたブログ(2件)

『iPhone修理ガラス割れをそのまま使う危険・長野県スマートドクタープロ長野茅野店』(リンク)

『【割れフォン、ヒビフォンの危険】iPhone修理画面割れ長野県SD茅野店』(リンク)

それから、割れたまま使っていて「タッチパネルが暴走モード故障すると、iPhoneがロックしてしまい、ガラス割れ修理だけでは使えなくなる」リスクについて書いた(2件)

『割れたままのiPhoneが『かたくな』に、なってしまう件|SD茅野店』(リンク)

『iPhone5ガラス割れ修理が長野でラッシュ!|SD茅野店』(リンク)

も、合わせてお読みください。

iPhone5,iPhone5S,iPhone5Cの画面割れ、ガラス割れ、液晶割れ、タッチパネル割れ、等の修理をしていて感じるのは、長野は割れたままのiPhoneを使い続ける方の率が他に比べて多い事です。

茅野店は、色々なサポートを講じて、iPhone5,iPhone5C,iPhone5S修理を長野で『より修理をご利用頂き易くする』べく努力して参ります。

 

【修理事例や、お客様とのコミニュケーション】

当店のFacebookに、より一層の修理事例画像や、修理に御満足頂いたお客様の記念ショット画像等、掲載しておりますので、御覧ください。

 

【お知らせ】

スマートドクター長野茅野店は店舗名称スマートドクタープロ長野茅野店へと変更しております。

それは、茅野店が総務省登録修理業者になったからです♪

詳しくは、コチラをクリックしてご覧くださいませ。

 

検索からお越しの読者の皆様へ:

当店の他の記事も、よろしければ御覧ください(リンク)

★検索で辿り着いた方はTOPページもご覧くださいませ。

 

この情報をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

まずはお気軽にご来店ください。

ご相談はお電話でも受け付けております。

0120-815-041

関連記事

RSSで定期購読

スマートドクター プロ 長野 茅野店のブログを定期購読される場合は、Feedlyが便利です。
以下ボタンをクリックすると登録することが出来ますので、ぜひご登録ください。

follow us in feedly

記事の投稿者

投稿者

スマートドクター プロ 長野 茅野店

iPnoneの修理や故障のご相談から、バッテリーやケースなどの関連グッズまでiPhoneのことなら何でもお任せください。

Facebook

取り扱いサービス

iPhone・iPadの修理全般・割れ、ヒビ修理・画面交換・ガラス交換・タッチパネル交換・バックライト交換・液晶交換・バッテリー交換・電池交換・水没修理・フロントベゼル交換・カメラ修理・スピーカー修理・液晶メタルプレート・フロントフレーム修理・ボタン交換・ホームボタン修理・その他各種パーツ交換・内部クリーニング・アクセサリーの販売) 修理見積・各種お問い合わせ

修理見積・各種お問い合わせ

0120-815-041

(ハイこれ良い)